生活の中でかなり重要な水回りのこと

日本人の生活における水周りの役割

現代の住宅建築においては、水周りの配置はとても重要であります。
一般的な建物の間取りにおいては、台所、風呂、トイレといった主要な水周り設備が近接して建てられています。
これは、使用する配管の長さを極力短くする事で、後々の漏水トラブル防止をさせる意味合いもあります。
完成後に長く生活を続けていれば、水周り部分については、どこかしら痛みや不具合が出てくるものであります。
この場合においても、最少限の修理箇所で被害を防げるのかが肝要であります。

ところで、日本においては、江戸時代の頃より、特に江戸の町においては、既に上水道が整備されておりました。
それだけ、当時の人達にとっても、水周りの重要性が認識されていました。
また、近代になってからも、水洗便所や下水施設が普及しましたので、衛生的な生活環境が築かれる事で伝染病の蔓延防止にも役立ちました。
これも、日本人が伝統的に入浴をする文化を持っていた事が、水周りの大切さを自覚して、全国へ普及させた要因であったのどろうと思われます。

この様な、日本人特有の性格がもたらす水周りの考え方は、諸外国においても高い評価がされております。
そこで、インフラ面の普及を目的とした技術面の輸出が盛んに行われています。
こういった日本独特の文化が、外国の生活文化に大きな影響を与えているのは間違いないでしょう。そして、日本人の清潔好きの文化が、世界標準になる日も遠くないのかもしれません。

サイトリンク